Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

ドッグ・バイト・ドッグ

最近、職場でSさんと話をする機会が多いのだけど、その中で「ドッグ・バイト・ドッグ」という映画のことをべた褒めしていたので、ワタシも鑑賞してみることに。

冒頭の船のシーンで、飢えた男を演じるエディソン・チャンをみながら「インファナル・アフェア 無間序曲」を思い出す。この人、不貞腐れた感じとか、ぎらついた目つきとか、この手の演技がとても自然に出来る印象が強いから、冒頭のシーンを見ただけでなんとなくはまり役なんだろうな、と思う。

で、レストランでの任務遂行〜逃走。追う警察。両者の間で繰り広げられるアクションは、いかにも香港映画でありながら決してやりすぎ感はなく、抜群の緊張感がこちらの目を離せなくする。

追う警察側はどんどん味方がやられていき、それが狂気へとつながっていく。逃げる殺し屋も、逃げ延びるためにやることは徹底している。そして迎えるラストの対決…。なんだかとても息の詰まる映画を観た気がする。出来れば映画館で観たかったなぁ、やっぱり。

あ、eiga.comのこのレビューを読むと、きっとあなたもこの映画を観たくなるハズ。興味のある人は是非一読することをお勧めします。

ドッグ・バイト・ドッグ [DVD]

ドッグ・バイト・ドッグ [DVD]