Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

慟哭

半年以上前に購入したまま積読本になっていた「慟哭」を、今更ながらに読んでみた。これがまた面白いんですよ。いまいち本の内容に触れにくい話だったりもするけど、個人的には「なるほど…巧いな。」と思いました。って、これじゃレビューにすらなってねーなw

慟哭 (創元推理文庫)

慟哭 (創元推理文庫)