Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

暗戦 デッド・エンド

今日はもう一本映画を鑑賞。同じくSE仲間から借りたままだった「デッド・エンド」をなんとなく手に取ってみたのだが…。これがめちゃくちゃ面白い!

タイトルから、もっとどろどろした香港映画を想像してたんですが、実は劇中で死亡するキャラのいない(はず?*1)、観ていて小気味の良い作品でした。だからといって緊張感がないかというと全然そんなんじゃなくて、アンディ・ラウとラウ・チンワンの掛け合いがとても洗練されていて、お互い追う者と追われる者のハズが、気がつけば共同戦線をはることになって…というくだりは、ありがちなようでもとても面白かったですねー。知恵比べというか、心理戦を演じる2人があまりにも軽妙で、最後まであっという間だった印象。ラウ・チンワンという俳優さんは、つい最近鑑賞したばかりの「ヒーロー・ネバーダイ」でも好演してたけど、ワタシは「デッド・エンド」のほうが好きですね。

ひりひりするような緊張感だったり、身動きが取れなくなるような重い雰囲気が堪能できるサスペンス物も好きですが、実はこの手の軽妙なタッチで最後までぐいぐい引っ張られるタイプの作品が一番自分には合っているのかもなぁ…と思った今日この頃。この軽妙さを極めたのが「スティング」や「ミッドナイト・ラン」のような名作達なんでしょうけど、個人的に「デッド・エンド」もかなりの完成度だと思いました。今度DVDを探してみるかな。

暗戦 デッドエンド [DVD]

暗戦 デッドエンド [DVD]

スティング [DVD]

スティング [DVD]

*1:いや、冒頭の立てこもりシーンで3人死んでるな…