Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

ダージリン急行

ウェス・アンダーソン監督の新作、「ダージリン急行」を観てきた。この監督の映画は、観終わった直後に「面白かった!」と単純に満足できるような作風じゃない、というか、つかみどころのない映画?が多いじゃないですか。「ダージリン急行」も予告を見て、これ面白いのかなぁ…と思いつつの鑑賞だったりしたのですが、まぁなんだ、個人的にイマイチな作品でした。

今作もウェス・アンダーソン監督らしく、「三人兄弟の仲直り」という身近な人間関係が一つのテーマになっていて、インドというちょっと(いや、かなりかな?)変ったロケーションで、ぬるーい雰囲気の中で繰り広げられるちょっとしたイベントの数々によって三人の関係が改善されていく…ようなお話なんだけども、なんか映画を観たという充実感が最後まであんまりないんですよねー。感じ方は人それぞれだと思うけど、ワタシにはそれがちょっと向かない作品でした。

インドの雰囲気だったり、黄色を基調とした色彩は美しい映画だったんですけどね。