Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

ノーカントリー

今年のオスカー受賞作、「ノーカントリー」を鑑賞してきた。コーエン兄弟の作品、面白いと思えたことが実はほとんどないから今作もどうだろう…と思ってたら、案の定でした。やっぱり向き・不向きってあるよね。映画の批評サイトでこの作品のレビューを読むと、日本でもえらく評判がいいのだけども、ワタシにはその理由がさっぱりわかりませんでした。

ハビエル・バルデムの怪演は誰もが認めるところだと思うし、撮影技術の素晴らしさなんかも普段そういうところを気にしないワタシにも端々で理解できるんだけども、結局何を言いたい映画だったのかがわからんのですよ、ワタシには。カタルシスってやつがなぁ…、ないと面白さを感じないってことなんでしょう、たぶん。

決して万人ウケする映画じゃないはずなので、未見の人は気をつけたほうがいいと思います。