Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

輪違屋糸里

浅田次郎による、新選組局長芹沢鴨暗殺をネタにした時代小説。同じく新選組をネタにした「壬生義士伝」がとてつもなく面白かったこともあって手を出してみた。

輪違屋糸里 上 (文春文庫)

輪違屋糸里 上 (文春文庫)

輪違屋糸里 下 (文春文庫)

輪違屋糸里 下 (文春文庫)

永倉新八の最初の独白のあたりまでは、なかなか話に乗れなかったけど、新選組視点の描写が多くなってからは一気にテンションがあがった。幕末ものの時代小説が好きで、これまでにもちょこちょこ手を出してきたけど、芹沢鴨という人物をこういう切り口で描いてるのは初めてだったな。こういう脚色は、さすが浅田次郎って思った。

こうなると、「一刀斎夢録」も読まないわけにはいかないなー…と思いながら、文庫落ちするまで待つかどうかで悩み中。積ん読状態の本が多い現状、あえて単行本に突撃するまでもない、かなぁ。でも読みたいよー。

一刀斎夢録 上

一刀斎夢録 上

一刀斎夢録 下

一刀斎夢録 下