Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

トッカン

前に、Twitter早川書房の中の人がオススメしてた気配のあった「トッカン」という小説を読んでみたら、実に面白くてイッキ読みしてしまった。

トッカン―特別国税徴収官―

トッカン―特別国税徴収官―

主人公(女)とその上司(男)というキャラの組み合わせっぷりがとっても「図書館戦争」を彷彿とさせる話で、ストーリーの盛り上げ方も妙に似てる感じもしたけど、こっちは実在する職業の話で、おそらく取材で実際にあった話をモチーフにしてそうな気もするし、よりリアルといえばリアルな話かもしれない。

あと、物語の舞台が京橋税務署ってところに、妙な親近感を覚えてしまったのも、読書に没頭する一因になったかもしれないかな?職場が京橋税務署のそばで、税務署の中には一度も入ったことないけど、あの近辺は長いこと生活圏内ってこともあって、なんとなく嬉しい気持ちにw 思うに、今まで読んだ本で、舞台となる場所が生活にリンクする経験って記憶になくて、それが新鮮だったのかもしれない。

というわけで、続編も既に発売されてるようなので、そっちにも手を出してみようと思ってたりする。

トッカンvs勤労商工会

トッカンvs勤労商工会