Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

ビブリア古書堂の事件手帖

結構前から表紙絵に惹かれて気になっていたけども手を出さずにいた「ビブリア古書堂の事件手帖」、どうやらかなり売れているらしく本屋で目立つ場所に平積みされていることが多くなってるので、自分も手を出してみた。こりゃ確かに面白いわ。

なんというか、栞子さんのキャラ設定がいろいろ卑怯だよね、うん。表紙絵のイメージもあって、やっぱり惹かれちゃうわけで。極度の人見知りなのに、本のことになると人が変わったかのようにしゃべりだし、頭のキレも冴え渡る。自分の好きなことになると饒舌になって、それが周りを引かせちゃう経験って、ニッチな趣味を持てば持つほど実経験と重なりやすいと思うんけど、そういう人にとっての一つの理想像なんだよね。

ストーリーは、「金魚屋古書店」をミステリー仕立てにしたような、実際に存在する古書をめぐっておこる事件を、ヒロイン栞子さんの冴え渡る推理によってさくさくっと解決していく話。という説明は適当すぎるか。でも、読みやすい上にキャラの立ってるヒロインたちのおかげで、読んでて楽しかった。はやく続きも読みたいっす。