Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

天冥の標6 宿怨 PART1

読んだ。なんでこんなに面白いんだろ…。

天冥の標6 宿怨 PART1 (ハヤカワ文庫JA)

天冥の標6 宿怨 PART1 (ハヤカワ文庫JA)

第1部で登場したイサリやフェロシアンたちの謎が一気に明らかになってきましたね。ただ、第1部のラスト、ちょっと読み返してみるとイサリだけじゃなくてミヒルやクルメーロの名前も出てきてて、ゴラスやダダーとの間に深い因縁があるような伏線が出てたので、その辺は次巻以降に持ち越しなんだろうな。

あと、イサリとアイネイアとの交流が、数百年後のイサリとカドムとの話につながること、そして第1部のラストのことを考えると、切なさがさらに増すわけで。

次巻はおそらく夏ごろだろうから、それまでの間に最初からもう一度読み返してみるかなぁ…。