Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

Kindleストア

さる10月25日、ついに待望のKindleストアが日本でもオープンしましたねー。はやく電子書籍amazon.co.jpで買えるようにならないかなぁ…と恋い焦がれていたので、大変嬉しいのであります。

ただなー…、今の状態で、電子書籍に対する購買意欲があがるかというと、決してそういうわけでもなく。既に散々言われていることかもしれないけど、

  • 現時点で、思ったほどラインナップが充実していない。
  • どの本がKindle版で購入できるか、探すのが億劫。
  • 値段が紙の本と同価格のものが多い。
  • 紙の本の新刊と同時発売されるケースがどのくらい多いのか、いまいちわからない。

等々、すぐに思いつくだけで課題点が結構多い。
あと、これまで紙の本で集めてきたシリーズ物を、途中から電子書籍に切り替えるのが半端な感じで気が進まない、とか。

その反面、

  • 場所をとらない。
  • ダウンロードしたらすぐに読める。

というメリットもあるわけだけど、今のところメリットとデメリットを秤に掛けて、メリットが上回るかというと…微妙なのです。やっぱり価格がなぁ。例えば、ちょっとKindleで探してみたところ、過去に集めるのを断念した「鋼の錬金術師」がKindle版で出ていて、ダウンロードしてみるにはいい商品なんだけど、値段が紙の本と同じなので、この値段で全巻集めるのはちょっと躊躇しちゃうわけで。価格決定の主導権が出版社側が握っているという話もどこかで目にしたし、この価格設定をみる限り、出版社が本気で電子書籍を普及させようとしているようには思えないよね。

すでに部屋に本を置くスペースが少なくなってきている現状、今後は極力電子書籍で済ませたいところなんだけども、こうも課題が多いともうちょっと時間がかかるかもなぁ。というか、時間が解決してくれるんだろうか?