Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

下書き保存の罠

昨日、本の発売日についての考察を、それなりに気合を入れて文章にしていたんだけど、締めの一文がなかなかしっくりこなくて、頭を冷やす目的で下書き保存機能を使った。で、数時間後、改めて文章をまとめようとしたところ、下書き保存したつもりの文章が残っていない…!んな、馬鹿な…。珍しく文章量が多かったぶん、再び書き直す気もおきず、予期せぬ形でお蔵入りになってしまった。

そもそも、なぜ故に下書き保存がされなかったのか気になったので、もう一度下書き保存を試してみたところ、衝撃の事実が。ボタンを押した後に表示されるページ、下書き保存が完了したページじゃなくて、下書き保存の確認ページになってるじゃないですか!普通、下書き保存ってワンクリックで実行されね?とか内心で悪態をつきながら、保存されなかった文章は戻ってこないので、二度と同じ悲劇を繰り返さないよう、心に誓ったのだった。

…、心に誓った割になんだか引っかかるんだけど、俺、このミスを過去にもやったことがある気がするんだよなぁ。普段下書き保存機能を使わないから、また1年後くらいに同じことをやらかしてしまうのでは…と不安になる。下書き保存のステップが1つ多いってのが不親切なんです!むーん。