読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

再会

日記

昼飯を食べに、恵比寿のうどん山長に行った。案内された席の前に、スーツを着た3人組がいて、そのうちの一人、ワタシの真正面に座っていた男にどうにも見覚えが…。そうだ、トラコス時代の同期に似てる。似てるのだが…本当にその本人なのか自信がない。

そういう場合、こちらから声をかけるのはどうにも気が引けてしまい、そのまま気にしないそぶりでその場をやり過ごすタイプです。とは言え、ずっと向こうのことが気になりながら、スマホ片手に時間を過ごす。頼んだうどんも平らげ、いつものように読書モードに入ろうとしたところで、向こうから声をかけてきた。いや、最初は向こうも自信なさげに、しかも違う名前で呼びかけられたので、こちらもどう反応したものかと悩みつつ…でも話しかけてきたことはやっぱり本人だったか!ということで13年ぶりくらいの再会を果たしたのであったw

本人だとわかってから改めて観察してみると、姿といい、しゃべりかたといい以前とほとんどかわっていなかった。すごい久々なのにかわらないねーと言うと、向こうも注文時のしゃべり方でこちらのことがわかった!と言っていたけど、どうやら名前がずっと出てこなくてそわそわしていたらしい。そりゃまぁ、これだけ時間が経てば、名前とか忘れちゃうよね。

しかしこの、お互いがお互いのことを本人かどうか見極めている間の微妙な間合いというか、どうする?話しかけるべきなのか?という葛藤とか、本当にこういうシチュエーションが苦手です。今回の場合、相手がコミュ強だったから良かったけど、相手も自分と同じタイプだと気疲れだけして終わるんだよなー…。先生、コミュ障を乗り越えたいです…。いや、あまりそんなこと思ってないんだけど。

それにしてもだ。実は2ヶ月くらい前に同じお店へ言った時、その時は一人じゃなくて同僚と二人だったんだけども、やっぱり同じテーブルでうどんを食べていたら、一緒にいた同僚の以前の同僚が真向かいに座っていて、久々の再会を果たしたことがあってさ。なんという偶然なんでしょうw

うどん山長おそるべし…。