Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

相馬野馬追の大井出張

大井競馬場にて、相馬野馬追の甲冑競馬が実演されるときいて、どんなものなのか観に行ってきた。もう、これがかっこよいのなんのって。毎年7月になるたびに相馬に行こうと気負い立つんだけど、移動時間にげんなりして結局回避してしまうということが続いているんだが、来年こそは本気で観に行こうと思った。それだけの価値が絶対にあるということが、今日の短い時間だけでも実感できたのは今日の大きな収穫だった。

今日の甲冑競馬実演では8騎による競争だったんだけど、それでも迫力満点だったもんなぁ。相馬で開催される本祭りでは、なんと300騎以上の騎馬が一堂に会するとかで、そんなに多くの騎馬を目のあたりにできる機会なんて他では考えられないもんね。想像するだけでわくわくしちゃうよ…。


正門前で甲冑武者がお出迎え。


スタンド内では小規模ながらも展示会エリアが。


騎馬隊の本馬場入場が近づいてきた頃に、まずノボリが綺麗に立てかけられる。


そしていよいよ騎馬隊の皆さんが馬場入り。スタート位置に向け、さっそうと駆けて行く姿が通常の競馬以上の迫力で、おもわず「かっこいい…」と声にでちゃった。


競技開始前のほら貝演奏。これまた雰囲気をもり立てる味わい深い響きでね。


レーススタート後、向こう正面からコーナーに入ったあたりをスクリーンで観戦。ばらついたスタートだったこともあり、この時点ですでに隊列は縦に伸びていたw


そしてゴール前。せっかくだから写真を撮りたい!と思ったわけだが、撮れた写真は躍動感がないな…。写真をとることに気を取られるとレースに集中できなくなるというジレンマはどうにかできないものか。

あっという間に目の前を駆け抜けていって、そして2周目はないので、終わるのはあっけなかった。でも、甲冑をきた人を乗せた馬が全力で駆けているというシチュエーションだけで、観てて興奮しちゃうし、観ることができて良かったと思ってる。

というわけで、来年はホテルをとって相馬で1泊ないし2泊する前提で、しっかり計画をたて観戦を実行に移したいところ。