Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

ツール・ド・フランス閉幕

つい先日、今年もツールがはじまったなぁ…なんて思っていたはずなのに、気がつけばあっという間の3週間。フルーム擁するスカイが中盤から終盤にかけてまったく隙のないレース運びで*1、ツール連覇となりました。ツールの連覇は2009年~10年のコンタドール以来だけど、2010年の優勝は取り消しになったのと、ランスの7連覇も取り消しとなったことを考えると、ツールの連覇って公式記録ではインドゥラン以来20年ぶりということになるのか。まぁ、今のフルームの強さとスカイのチーム力を考えると、妥当すぎる結果ではあるんだけど。

で、今年のツールも見どころは満載だったはずなのだけど…フラムルージュ崩落事件とフルームランニング事件のインパクトが強すぎて、後年になって今年のツールを思い出すと、この2つしか思い浮かばなさそうな気がしなくもないなぁ。なんてことを思っていたら、ツール・ド・フランスのオフィシャルがこんな動画を公開してくれました。たった8分弱という尺に、今大会の見どころをみごとに詰め込んでくれていて、後で今年のツールを振り返りたくなった時は、とりあえずこの動画を観ておけばOK!ってくらい完成度が高い。


Best of - Tour de France 2016

中でも個人的に印象に残ったシーンはこのあたりかな?

モビスター勢、アスタナ勢が3週目に入ってからどう巻き返しをはかるかに注目していたけれど、フルーム個人にもスカイのチーム力にもつけ入る隙はまったくなく。スカイはアシスト勢もエースとして活躍出来そうな選手ばかりなので、来年もチームが調整に失敗しないかぎりこの傾向は変わらなそうな…。

贔屓チームのエティックス・クイックステップ勢は、キッテルのステージ1勝と、ダニエル・マーティンの個人総合9位がリザルトして残った。キッテルは、ジロの時のような強さを最後まで発揮できずもどかしかった。それは本人の調子によるものなのか、チームのトレインがいまいち機能できてなかったのか。はたまた周りが強かったのか。いずれもその要因だったんだろうけど、やっぱり最後まで消化不良は残ってしまったかなぁ…。

対して、ダニエル・マーティンの個人総合9位は予想を遥かに上回る好成績だったと思う。マーティンはワンデーレースで良績は残せども、今までグランツールでは結果を残せていなかったことを考えると、今年の躍進は素晴らしいですね。チームを変えたのが良かったのか、調整がうまくいったのか。少なくとも今回の結果で、グランツール向きの選手ではないかも?という見方は払拭できた。とはいえ、チームの山岳アシスト事情を考えると、他のグランツールで表彰台に登るのも大変そうではあるけど…、これからも応援してきたい選手の一人には違いない。

他では、アラフィリップが経験不足や不運のメカトラでステージ勝利を逃したのがもったいなかったこと、今年もマルティンの大逃げが観られて嬉しかったこと*2が、個人的なハイライトだろうか。

あとはそうだなぁ…。どうも、3週間にわたって繰り広げられるグランツールに対する興味が減りつつあるのかもなぁ、なんてこともちょっと感じている。春先のワンデーレースは依然として面白いのだけど、グランツールはマンネリ化を感じているというか、途中でちょっとだれる。レースに魅力を感じなくなってきているのだろうか。自分でもよくわからないのだけど、残り10キロあたりの重要局面で寝落ちしちゃったりと、レース観戦に緊張感を維持できない日が多かったのがなぁ。むーん。

*1:例のモン・ヴァントゥ次第ではどうなっていたかわからなかったけどれw

*2:来期、クイックステップから移籍しちゃうという噂にやきもきしているのだけど、どうなんだろうな…