読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

Mixiの日記

先週、こんなキャンペーンが一部で話題になっていた。

mixi.jp

Mixiに最後にログインしたのはいつのことか…。確かに思い出せない。そもそもクローズドなSNSがあまり好きではないので、Mixiが全盛期のころもそれほど使ってはいなかったのだけど、それでも日記は時々書いていた。黒歴史と呼べるような日記は残していなかったよな?と思いつつ、ちょっと気になったので久々にログインしてみることに。

確認してみると、どうやらMixiで日記を書いていたのは、2008年~2009年の2年間。2009年秋頃からTwitterを使い始めた影響か、2009年末に書いた文章が最後の日記だった。おそらくログイン頻度もその頃から一気に落ちたと思われる。残っていた日記を改めて読み返してみると、なんとも懐かしい気持ちに襲われる。まだ10年経っていないのだけど、ものすごく昔の出来事にも感じられる。というか、自分の文章を読み返すのが面白くなって、2年間分の日記(45件)すべてに目を通してしまった。

なんていうんだろう…、自分の文章が好きなんだな、俺w たぶんこれ、このブログを書いているモチベーションにもつながっているんだろうけど。客観的にみて面白いことを書いているわけでもないし、文章も悪文というか、自分の癖が染み付いていることは自覚しているのだけど、それも含めて後で読み返すと楽しい気持ちになれるんだよね。文章のテンポが合うというか…*1。なので、なんとなくスランプに陥ってる時や、いまいちやる気のわかない時とかに読み返したりしちゃうし、そうすることで別にテンション↑↑ってわけでもないんだけど、まぁなんとなく気持ちの切り替えになったりする。

あの時に俺こんなこと考えていたんだ…、とか、プライベートでこんな出来事があったんだっけ…とか、そういうことを掘り返すにはプライベートなことをまったく書いていないブロクでもあるけど、むしろそういうブログだからこそ書いた文章を気軽に読み返せるって面もあるのかもしれない。

まぁ、誰でも読めるパブリックな場所でブログを続ける必要はないっちゃぁないのだが…。たまーにだけど、気合い入れて書いた文章にリアクションがあったり、PVに反映されたりするとそれはそれで一つのモチベーションになるので、今後もここでテキトーな文章を残し続けるんだろう、きっと。

何はともあれ、大事なのは自分で読み返して楽しめる文章を残すことだよね!なんてことを、Mixiの日記を読み返しながら思ったのであった。ちなみに、Mixiの日記はほぼすべてこのブログにも転載済みだった。そんな作業をした記憶は残っていなかったのだけど、おそらくMixiに滅多にログインをしなくなってから、いつMixiのサービスが終わっても後悔しないようにと転載作業をしたんだろうなぁ…w

*1:自分で書いているので当たり前かw