Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

「勝ち過ぎた監督」読了

前から気になっていた本だったのだが、最近になってKindle版が出たので早速読んでみた。

駒沢苫小牧高校の野球部を、一躍強豪チームに押し上げた香田誉士史監督を主役にしたルポ小説。これがめちゃくちゃ面白い。香田監督って、朴訥そうな印象の強い方だったんだけど、この本を読むとそのイメージがガラリと変わる。ちょっと考えてみれば当たり前だ。強豪校でもなんでもなかった野球部を、10年かけずに強くしていき、北海道勢初の優勝まで導くくらいだ。普通の人ができる偉業ではない。そこはやっぱり、人格面だったり、考え方だったり、野球への取り組み方だったり…一筋縄でいくはずがないのだ。

本書の書評については、小説「バッテリー」著者のあさのあつこ氏が書いたこの文章がとても端的で、そして本書の特徴を捉えていると思う。高校野球が少しでも好きな人であれば、ぜひとも一読してみてもらいたい。

shukan.bunshun.jp

監督本人への取材だけでなく、当時の教え子たち、地域の関係者、ライバル校の監督などなど、とにかく丁寧に、そしてひたすら徹底的に行われた取材を元に、あの頃の駒大苫小牧がどうやって強くなっていったのかが詳細に綴られていく。監督就任のきっかけ、少しづつ強豪校になっていく過程、初めての甲子園出場。甲子園初勝利と初優勝。連覇達成。不祥事発覚…。そしてあの早実VS駒大苫小牧戦。その後の、追い出されるような形で駒大苫小牧から離れたところまで、ほぼ時系列に余すところなく述べられている。

で、タイトルでもある「勝ちすぎた監督」に何が起きたのか。そこには、チームが強くなることで高まる勝利への期待感が、勝ちすぎることによる周りからの反感や妬みに転じるさま、繰り返されるチーム内の不祥事によって、選手からも反感を買うことになる様子。そして香田監督が陥っていくことになる人間不信や精神不安定。その結果、田中将大世代とは卒業後暫くの間絶縁状態になっていたなんて、この本を読むまで知らなかったよ…。

高校野球にまつわる話って、表舞台で活躍する選手たちの爽やかさだけでなく、裏で動くお金の話だったり、泥臭い人間関係の話だったり、そういうのをひっくるめて高校野球というコンテンツが成り立っているんだよなーなんて思うことは今までにもあったけど、本書を読むと一層そういう気持ちが強くなるかもしれない。

高校野球に限らず、スポーツのドキュメンタリー本として相当にクオリティが高いので、スポーツ好き全般にオススメできる一冊だと思う。そうでなくても、栄光と挫折というドラマには考えさせられることもあるので、広くいろんな人にもオススメしたい一冊でもある。結局のところ、出る杭は打たれる社会ってことなんだろうかね…。

以下、余談。

一度だけ、野球観戦のために甲子園まで行ったことがる。2004年8月22日。そう、駒大苫小牧が北海道勢として初めて優勝を遂げた、あの決勝戦だ。自分のブログを掘り起こしてみると、その時のことを書いている。

SHAW's Home Page: 甲子園決勝

普段、高校野球に対してそこまで興味を持っているわけでもなく、それでも地元である北海道の高校の試合結果は結構気にする程度。この年、出身地である苫小牧から、駒大苫小牧が甲子園出場を決めていた。近年着実に力をつけつつあって、甲子園でお目にかかるのも何度目か。とはいえ、そこまで強いチームだとは思っていなかったので、念願の初戦突破できれば御の字ではないかなーなんて思っていたはずだ。

ところが気がつけば1つ勝ち、2つ勝ち…。当時、職場の同僚に高校野球がとても好きな方がいて*1、ベスト16が出揃ったあたりだったかな?「苫小牧の高校強いじゃん!」なんて言われて、自分も急にそわそわしはじめた気がする。

当時の職場は、オフィス内に大きめのテレビがあって、周りに迷惑にならない程度にテレビをつけるには問題がなかったので、サッカーの日本代表戦だったりプロ野球の日本シリーズなんかをテレビをつけたまま仕事をするなんてことが日常的だったんだけど*2、この年から2006年の甲子園は、職場の同僚と一緒にテレビで試合観戦しているうちについつい盛り上がってしまって、社長からうるさいよとお叱りをうけたりしたっけなぁ…。

で、勢いに乗って決勝まで勝ち進む駒沢苫小牧を見ているうちに、自分もいてもたってもいられなくなり、決勝戦当日に勢いで甲子園まで応援に駆けつけたのだった。そしてあの乱打戦。試合経過の細かいことまでは覚えていないけれど、あのときの球場の雰囲気は今でも忘れることはできない。

そんな遠い夏の日を思い出しながらこの本を読んでいたので、余計テンションが上っていたのかもしれない…w

*1:毎年、準々決勝の日は仕事の休みを取って甲子園に行ってたくらい。

*2:今思うとフリーダムな環境だったな…