Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

FF12をクリアした

PS4本体と一緒に購入したFF12のHDリマスター版をクリアした。

所要時間は70時間程度。感想を一言でまとめるとこんな感じ。まぁ、身もふたもないんだが…。

ガンビットというバトルシステムは実に快適だった。俺、いまでもRPGによく手を出すんだけど、実はバトルというものがそんなに好きじゃないんだな、きっと。だから自動化ですいすい遊べるこのシステムが本当に心地よかった。FFシリーズでガンビット的なシステムを導入するのはこれが最初で最後だと思われるし、他のゲームでも類似したシステムって見かけたことがないんだけど、あまり評判良くなかったのだろうか。それとも俺がそういうゲームを知らないだけなのだろうか。単に実装であったりバランス調整が大変で真似がしづらいって可能性もあるかもしれない。

正直、シナリオはいまいちだった。そもそもFFにシナリオなんて期待するな、という声もあるかもしれない。でもさ、途中で降板したとはいえ、松野さんの名前が原案としてクレジットに残っている通り、おそらくシナリオを考案したのは松野さんだと推測するならば、ちょっと期待はずれだった。松野さんのゲームで、特にシナリオが評価されているのはタクティクスオウガとFFタクティクスかなぁと思うのだけれど、世界観と物語の調和であったり、クリアした時のそうきたかぁ…と思わせる捻りとかが特になくて残念だったのかもしれない。

せめて主人公たちにもっと魅力があれば、また違った感想になったのかも…とも思った。なんというか、どのキャラにも感情移入できるものがなかったんだよなー。これは10年前に一度、中盤まで遊んだときも同じことを思った記憶があるので、年を取ったから感情移入できなくなったとかそういう理由でもなさそうだ。空賊に憧れる主人公とか言っても、その空賊の魅力もゲーム中にそんなに描かれないし…。あ、でもヴィエラ族は正義だと思いました。

ジョブシステムはあれだな、どのキャラにどのジョブを割りあてるのが良いか、自分で判断できるようになるには、一周遊んでみなければわからないよなー、これ。最初にジョブを決める時、迷いすぎて自分では決められなかったので、オフィシャル公認らしい組み合わせで進めてみたけれど、中盤でちょっとしっくりこなくなった。もし二周目を遊ぶなら、今度は自分なりに考えた組み合わせにしてみたい。とはいえ、クリアにかかる時間を考えると、もう一度最初から遊ぶ気にはなれないけれど…。

その他、モブ討滅は一応Sランクまではだいたいこなしたけれど、Hランクから先はやっていない。装備や召喚獣も入手してないのが結構残ってるっぽいし、クリア後のコンテンツはまだまだあるようなのだけど、他に遊びたいゲームも多いのでそのへんは積み残したままになりそうだ。

そんなこんなで、クリアした感想は、冒頭のツイート通り。グラフィックはHD対応で綺麗になったし、BGMもグレードアップしてたし、ガンビットは楽しかったしで、楽しめる要素は多かったけど、遊んでいてワクワク感とかドキドキ感とか、そういうものが欠けていたのが残念だった。10年前のゲームのリマスターにそこを期待しても…ということなのかもしれないけどさ。とは言え、面白くなかったらクリアする前に遊ぶのをやめているはずなので、決して面白くなかったわけでもないんだよな。こう、なにかもったいない感というか、消化不良感というか…。

まぁ、PS2の無印版をクリアし損ねてずっと心に引っかかっていたゲームのエンディングを見届けることができた、という点だけでも、自分には結構ありがたいゲームであった。