Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

秋華賞ほか

昨日の競馬は、個人的に実に見どころが多かったので、簡単に振り返ってみたい。

一口出資馬の活躍

自分が出資している馬が1日に2勝した。こんなことがあってもいいものなのか…。

まずは京都2R。ブルヴェルソンがダート替わりで一変。

2017/10/15 京都2R 2歳未勝利【ブルヴェルソン】

新馬戦は府中芝のマイル戦で切れ負け。現地に応援しに行っての惨敗だったからもちろんがっくり来たのだけど、血統的にダートでも活路はありそうだよなーなんて思っていたら、想像以上に手応えのある勝ちっぷり。次はもちの木賞か、樅の木賞か。パドックではちょっと太めに見えた割に余裕のある勝ち方だったし、次も楽しみにしたい。

そして新潟最終レースのトゥザクラウン。震えたぜよ…。

2017/10/15 新潟12R 寺泊特別(500万下)【トゥザクラウン】

ローカルの最終レースのわりに(?)なんだか随分と骨っぽい相手だったし、期待半分不安半分でのレース観戦だったのだが…。直線入って大外から手応えよく伸びてきたのを見て、これは勝ったなと。そのわりにけっこうギリギリだったけどw 喉のこともあってマイルしか使えないっぽいのだけど、今回の勝ちっぷりをみると、上のクラスもすぐに勝てるんじゃないかなーとか甘いことを考えている。

その他の2歳戦

  • 今思えば、東京1Rで白毛馬ハウナニがダートじゃなくて芝レースを勝ったところから、驚きの一日のスタートではあった。
  • 東京3Rで勝利したオハナの母親がハウオリなのを知って、なんで俺この馬ノーマークだったんだろう…?と思いながらPOGドラフト会議前に作ったリストをみると、馬体重が軽すぎて見切っていた。いくら牝馬でも400キロくらいしかないという情報をみると手は出せないかなぁ。
  • もみじSのダノンスマッシュも無視はできない。ケイアイファーム産の冠ダノンの馬がまた走ったことでTwitterのTLでも話題になっていた。これはさすがにロード会員の心中は察しても余りあるかもな…。
  • ちなみに、今シーズンはダノンの馬が走りそうだとにらんでPOGで3頭指名しているんだけど、まだデビューすら出来ていない。ダノンプレミアムとダノンスマッシュという既デビューの強いのが2頭いることを考えると、さすがに当たりは引き損なったと考えるべきなんだろうか…。

秋華賞


2017/10/15 第22回 秋華賞(GⅠ)【ディアドラ】

好メンバーの揃ったレースで、見ごたえもたっぷりだった。個人的にはPOGで指名していたリスグラシューに期待。この馬、パドックではいつも細すぎにみせてヤキモキさせておいてレースでは結果を残してきたんだけど、今回は久々にそこまで細くみえず好感触。レースでも、先行していたモズカッチャンに標的を定めて、ゴールではきっちり鼻差差し切ってみせたのに、さらに外から伸びたディアドラに完敗。まぁ、これはしゃーない。


オジュウチョウサンの復帰戦


2017/10/15 第19回 東京ハイジャンプ(J・GⅡ)【オジュウチョウサン】

なんだかんだと一番インパクトのあったレースは東京ハイジャンプオジュウチョウサン。「剥離骨折でも王者の時計は止まっていませんでした!」実況ままなんだが、とてもじゃないけど骨折明けのレースには見えないよ…。ものが違いすぎて開いた口が塞がらないというかw 気持ちよく逃げていたタマモプラネットだって、直線に入った時の後続との差をみて夢を見たと思うんだけどさ、ちょっとオジュウチョウサンが化物すぎたなぁ。どうやら次走は中山大障害直行らしいので、現地観戦に行こうか検討中。ただ、混雑しそうな予感ががが。

そういえば2年前に初めて中山大障害を現地観戦して、7号障害前で動画を撮ってたりしてるんだけど、この中にオジュウチョウサンもいるんだよな。まだ本格化する前だけど。

年に何回か、個人的にトピックスが多い日があるんだけど、今回みたいに自分の出資馬が連勝するなんてことはそうそう起こり得ないだろうし、実に気持ちのよい一日であった。こんな日だったら、何回でも味わいたいけどな!