Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

大聖堂

エレニア記が中世ヨーロッパ風のお話で、少々その影響を受けているのかもしれませんが、はてなの徹夜本のなかで名前が挙がっていた「大聖堂」という小説、急に気になってきたので本屋で少し立ち読みしてきた。で、やばい、これは面白いかも!という感触を大いに受けた。
このごろ海外小説の翻訳本ばっかり読んでいる気がするけど、面白い!という触れ込みで日本上陸してきたお話は、当然オリジナルは面白いはずで、でも翻訳次第でその魅力が変わってしまうわけですね。なので、とりあえず冒頭だけでも立ち読みしてみて、どれだけその翻訳が読みやすそうか、という部分をチェックするようにしているんですが、大聖堂は期待通りかも。
という判断の元、amazonで全巻購入しちゃったw
早ければ明日にでも手元に届くだろうけど、今のスケジュールで行くとGWあたりをこの小説でつぶしちゃうことになりそうな予感…。