Shaw's Home Page(本館)

自分の趣味について書き散らかす雑記ブログ。

推し漫画がメジャーになるとさみしくなる乙女たちのクラブ

数日前から、杉井光小説家になろうで連載をはじめた「推し漫画がメジャーになるとさみしくなる乙女たちのクラブ」が面白くて、更新されるのが楽しみになっている。今のところ毎日0時に1話追加されるので、寝る前のちょっとしたお楽しみである。

どんな話かといえばタイトルの通りで、自分の好きな(まだマニアックな)漫画がメジャーになるとさみしい気持ちになるというオタク特有の心境をネタに、世の中にあまり知られてない名作(迷作も?)を肴に漫画談義が繰り広げられるというものだ。で、そこはさすが杉井光というか、いつのも軽快な文体でノリとツッコミが繰り広げられるのである。主人公がツッコミ役で、3人のヒロインがボケ役。まぁなんだ、杉井光小説では見慣れた光景ですな。キリカとか神様のメモ帳のノリで、ネタが漫画になっただけとも言える。

ただね、取り上げられる漫画のチョイスと、なぜその漫画なのかのやり取りが本当に面白いのです。今日現在すでに6回更新されていて、恥ずかしながら読んだことがあった漫画は白暮のクロニクルだけで、残りの5作品はタイトルすら知らなかったのだけど、じゃぁその漫画のことを知らないとついていけない内容かと言うと全然そんなことはなくて、むしろ興味を掻き立てられるわけですよ。これが本当に上手い。

例えば第1回。堕天作戦を知らない主人公とヒロインのやりとり。

「山本章一『堕天作戦』。今いちばん熱い連載のひとつよ」


 ……し、知らねえ……。なんだこれ? なにこの『X JAPANのTOSHIがもし自己啓発セミナーから抜け出せず骨までしゃぶられて死んだ場合』みたいなカバー絵? 面白いの? ぜんぜん読む気をそそられないけど?


「これはファンタジー戦争ものという分類になるのかしらね。世界中が人類とか魔族とか何個かの勢力に分かれてずうっと戦っている時代が舞台で、なにをやっても死なない不死者が主人公で、竜と呼ばれているけれど実質的には巨大変身ロボットの生物兵器が出てきたり、肉体改造された超能力者が戦争の道具として権力に酷使されていたり、すべての裏に宇宙とか神とか超越知性みたいな壮大なSF設定があったり――みたいな説明をするとたぶんあなたは色んな類似作品を思い浮かべたでしょうけどそういう連想はだいたい全部外れてるわ」


「外れてんのっ?」即座に五つ六つ思い当たったけど?

このやり取りに至る前段からニヤニヤしてしまったのは、「講談社ご挨拶系」というワードがでてきたあたりから。それなりに漫画を読んできた自負のあった主人公に対して、ヒロインからは漫画読みとしては三流*1と言われるくだりで出てくるのだけど、それは自分も前々から思っていた!ってネタがするりと文章として目の前にあらわれるのが心地よいんだよね。で、読みすすめるにつれて妙に主人公に共感してしまうのは、漫画読みの程度が自分と似ているからだと気づく。取り上げられる漫画に対して、その漫画家の代表作は読んだことがあっても、それ以外のマイナーな漫画は読んだことがない。まさに自分もそれだ。だから、あの漫画家はこんな漫画も書いているのか…!という発見があるのがとても良い。

さっき更新されたばかりの第6回では、「漫画家・ザ・ギャザリング」なるゲームが登場するんだけど、これがもう軽妙すぎてゲラゲラ笑ってしまった。このやり取りで出てくる漫画家は大御所ばかりなので、漫画好きであればだれでも楽しめると思うし、そこから強引に三部けいを絶賛する流れに変わっていくのも面白かった。

このテンションでいつまで更新が続くのかはわからないのだけど…、明日はどんな漫画が料理されるのかわくわくしながら、次の更新を待つのであった。

生徒会探偵キリカS1 (講談社ラノベ文庫)

生徒会探偵キリカS1 (講談社ラノベ文庫)

白暮のクロニクル(1) (ビッグコミックス)

白暮のクロニクル(1) (ビッグコミックス)

カミヤドリ(1) (角川コミックス・エース)

カミヤドリ(1) (角川コミックス・エース)

*1:ちなみに彼女いわく、「漫画読みには一流から八流まであるの」

続きを読む

EVE rebirth terrorをクリアした

shaw.hatenablog.com
で書いたように、昨年末にEVE rebirth terrorを購入していて、デスストをクリアしてから遊ぶ計画を立てていたのだけど、そのデスストのクリアの目処がたたない(全体のボリュームがいまいちわからない)ので、一旦中断してrebirth terrorを遊び始めた。元旦のことである。

事前に得ていた評判として、どうやら前作のファンも納得の、正統な続編らしいとは聞いていたのだけど、遊び始めてすぐにどうやら本当であることを理解する。いつもの天城探偵事務所に、いつもの内閣調査室の面々。前作から1年後ということで、天城探偵事務所には氷室がいて、内閣調査室には新人*1が入っている。主人公二人と桂木探偵事務所の所長とのやりとりも、ついついニヤニヤしちゃう、いつものノリだ。

で、冒頭こそ平和そのものなのだけど、いつの間にかテラーの影がちらつき始める。そう、ゲームのタイトル通り、前作でエルディアが生み出した負の遺産をめぐる物語が、この続編の核になっているのである。新しく登場するキャラたちも、物語を進めていくにつれて実はエルディアとなにかしらの縁があることがわかってくる。前作から引き続き登場する主要キャラにしても、1年前の事件を引きずっていたり、何かしらの影響を受けていたりする。そして各々の思惑がラストに向けて集約していき…という、ストーリーの構成があまりにも見事すぎて、思わず唸ってしまった。

ただ、あまりにも前作のストーリーの癖を再現しているがゆえに、この先の展開はこうなるに違いない!と思ったとおりに物語が進みすぎるきらいはあった。のだけど、エピローグで積み残されていた伏線がすべて回収された時は、えぇぇ!?ってなったし、最後の最後で涙腺が決壊してしまった。あのラストは卑怯だろう…、もちろん良い意味でだけど。

というわけで、あの偉大な前作の続きとしては、これ以上無いくらい完璧な物語だったと思う。これぞファンが20年来待ち望んでいた続編だと言い切ることができるのではないだろうか。過去にリリースされた続編としては、SS版でThe Lost Oneを、PC版でADAM THE DOUBLE FACTOR*2を遊んでいたのだけど、シナリオは満足できるものではなかった*3し、その後このシリーズはどんどん迷走していって、オリジナルの制作陣もいなくなってしまった今、すでにシリーズ物としては死んでしまったタイトルだと思っていたのだが、まさかこんな形で蘇るとは思いもしなかった。

ほんと、よくぞここまで前作をリスペクトしたうえで、ファンを満足させる作品を作り上げたものだなぁと思うわけです。この素晴らしい仕事っぷりはもっと評価されてもいいのではないか。いや、俺が気づかなかっただけで、ファンの間ではすでに評価されていたわけだけど…。その評価の高さがそのままamazonのカスタマーレビューに反映されていて、自分もそれをみてゲームを購入し、そしてこの文章を書くに至っているわけだしな。

まぁ、そうは言ってもゲーム自体は昔ながらのコマンド形式のアドベンチャーゲームなので、当然ゲームとしての古臭さはそれなりにある。最近遊んだ十三機兵防衛圏なんかと比較してしまおうものなら、よりいっそう古臭さが目立ってしまうかもしれない。ただ、このシリーズに求められていたのは斬新さとか目新しさではなくて、すでに確立されている世界観や登場キャラたちの魅力をいかに活かすかだと思うので、今作に関しては前作のシステムそのまま*4踏襲して正解だったとも思う。

そんなわけで、良質なサスペンスを求める人にはぜひ一度遊んでみることを勧めたい。ただし、完全な続編なので、すでに前作のEVE burst errorを遊んでいることが大前提ではある。PS4版は、気前がよいことにburst error R(前作のリメイク作)も同梱されているので、とてもお得ですよ!

EVE rebirth terror(イヴ リバーステラー) - PS4

EVE rebirth terror(イヴ リバーステラー) - PS4

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: El Dia
  • 発売日: 2019/04/25
  • メディア: Video Game

*1:桐野杏子というキャラに既視感があったのだけど、The Lost Oneの主人公だったっけね。SSを一度遊んだきりで、すっかり記憶の彼方に…w

*2:18禁。エロかったよ。

*3:と記憶しているのは、1作目はリメイクされるたびに遊んでいるのに対して、これらの続編は当時遊んだきりで、すでにほとんど記憶に残っていないからだでもあるのだけど…。

*4:音楽もほぼすべて一緒なのは潔いなぁと思った。

2019年を振り返る

ここ3年ほど、年末年始にかけて1年間の振り返りをしているので、今年も振り返ってみたい。たぶん書く内容はほとんど変わらない気がしているけど。

  • 競馬について
  • ロードレースについて
  • ゲームについて
  • 読書について
  • 漫画について
  • アニメについて
  • その他の趣味について
  • インターネット関連
  • 勉強について
  • プライベートについて
続きを読む

謹賀新年

あけましておめでとうございます。…年が明けてから5日目にして、ずいぶん遅い挨拶になってしまいましたが。

振り返ってみると、去年ははてなダイアリーからはてなブログに移行してから一番更新頻度が低かったようだ。って、去年もまったく同じことを書いているな。原因として思い当たるのは、ネタが少ない、ゲームばかり遊んでるという理由のほか、ここでも書いたように、ちょっとしたことはだいたいTwitterで済ませてしまうせいかもしれない。長文を書くにはそれなりに気合が必要なんだよな…。

まぁ、それでもこのブログはほそぼそと続けていこうと思っているので、これ以上更新頻度を落とさないことを今年の目標にしていきたい所存。

というわけで、今年もよろしくおねがいします。

2019年 BEST MOVIE!!

年末の恒例エントリー、鑑賞映画の年間ベストテンでございぃ。今年の鑑賞本数は33本*1。そのうち劇場鑑賞数は30本。どうやらここ数年、ほぼおなじ鑑賞ペースらしい。夏頃まで思ったほど鑑賞できてなかったのだけど、秋以降に一気に盛り返した感じ。年間30本程度が一つの目安ですかね。

さて、今年のベストテンはというと…。面白かった作品が多くて10作品に絞り込むのが難しかった!

  1. スパイダーマン スパイダーバース
  2. グリーンブック
  3. プロメア
  4. フリーソロ
  5. ダンガル きっと、つよくなる
  6. ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん
  7. エスタデイ
  8. HELLO WORLD
  9. 海獣の子供
  10. パラサイト 半地下の家族

アニメ作品が多め。ジャンルは適度にばらけている感じかな?いろんな作品を観ることができたなーとは思っているのだけど、例年と比べるとハリウッド作品の印象が弱めかもしれない。以下、もうちょっと細かい感想を。

*1:今年になって初めて鑑賞した作品数。過去作含む

続きを読む

EVE rebirth terrorを購入した

古本の買取目的で、久々にブックオフに行く。ついでに掘り出し物のゲームはないかなーと探してみると。EVE rebirth terrorというゲームの存在に気がつく。そういえばEVE burst errorに続編が出るらしいという噂を目にしたことがあった気もするな…。いつの間にか発売されていたらしい。

www.famitsu.com

ただ、このシリーズは1作目の完成度があまりにも高かったせいか、過去に発売された続編がさほど面白くなかったような記憶も残っている。なので、衝動買いすることなく帰宅した。中古の割に値段も高かったしな*1

さて、帰宅後に改めて評判を確認してみたところ、意外なことにとても評価が高い。amazonのカスタマーレビューを鵜呑みにするなら、往年のファンにも受け入れられているように見える。となれば、これは俺も遊ばないわけにはいかないだろう。

EVE rebirth terror(イヴ リバーステラー) - PS4

EVE rebirth terror(イヴ リバーステラー) - PS4

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: El Dia
  • 発売日: 2019/04/25
  • メディア: Video Game

というわけで、本日PS4版を新品で購入してきた。タイミングの悪いことに、数日前からデス・ストランディングを遊び始めてしまったところなので、こちらに手を出すのはもうちょっと先になりそう。正統で完璧な続編とやらがどのくらいのものか…、どこまで期待しちゃっていいのかわからないけど、楽しみではある。

*1:発売された半年近く経っているのに全然値下がりしていないところからも、評価の高さを伺うことができるのかもしれない。

続きを読む

テン年代ベストテン

年末恒例、男の魂に火をつけろ!で開催されている映画ベストテン企画。今年のお題は「テン年代ベストテン」。ブログがさっぱり更新されなくなってたこともあって、今回のお題が発表されたときはちょっと安堵した。この企画を目にしないと、年末を迎えた気がしない(言い過ぎ)。

さて、そのテン年代ベストテン。いっときと比べると映画を観る本数が少なくなったとはいえ、自分の好みの作品はそれなりに抑えているつもりだし、毎年数本はお気に入り作品に出会うので、10本に絞り込むのはなかなか難しそうだ。実際に、自分がこの10年に鑑賞した作品リストを眺めながら、ベストテンを作成するのにはとても難儀した。悩んだ結果、こんなラインナップになりました。

いつもベストテン企画に参加する際、無理にでも順位をつけていたんだけど、今回は順不同でお願いします。順位つけるの、無理!

続きを読む