Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

しゃべれども しゃべれども

週末に購入したばかりの「しゃべれども しゃべれども」、寝る前にちょっと読み始めてみたのが失敗で、面白かったから一気に読んじゃいました。先に映画をみていたので、ストーリーがどう展開されていくのか大体わかっていたんだけど、それでも非常に面白いお話ですね。2度楽しめるとはこういうことを言うのでしょう。

映画を先に観てしまった影響か、登場人物のイメージが映画のキャスティングまんまだったのですが、まったく違和感がありませんでしたね。キャラ設定やエピソードに違いがいろいろありましたが、それぞれ映画と本との特性の違いが現れただけで、どっちがいい、とか悪いとかそういうのは気にせずに、それぞれの良さが楽しめたので、映画化も上々の成功だったんじゃないかな?と思いました*1

あと、読み終わった後に、やっぱり生の落語を見てみたいなぁと思いました。せっかく落語の本場(?)銀座の近くに毎日のように通っているわけだし、見れるうちに見ておかないともったいないよなー…。

しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)

しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)

*1:でも、先に原作読んでから映画みてたら、また違った印象だったのかもしれないけど