Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

光圀伝

読了後にレビューを書こうと思っていたのに、すっかり忘れてた。今作も期待通りの面白さでしたよ*1。冷静に振り返ると、水戸光圀の生涯で繰り返してきた人の出会いと別れを綴ってるだけ(かなりの暴論だけど…w)の話なんだけど、それなのにここまで感情移入できてしまったのは、登場キャラへの命の吹き込み方が抜群に上手い、冲方丁という作家の力量なんだろうなぁ。

そもそも冲方丁ってSF作家の印象が強かったけど、「天地明察」「光圀伝」と連続して時代小説で面白い作品を生み出したところを考えると、このジャンルとの相性も相当に高いんだろうね。というふうに感じるのは、個人的にSF小説よりも時代小説のほうが好きだから、という読書の傾向もあるのかもしれないが。次の作品がどのジャンルになるのかわからないけど、私はまた時代小説が読みたいですw

光圀伝

光圀伝

*1:個人的には「天地明察」のほうがお気に入りではあるけど。