Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

長谷敏司氏の新刊

昨日、Twitterで長谷先生の新刊情報を目にした。

なんとガガガ文庫とな。もともと角川スニーカー文庫ラノベを書いていた作家さんなわけだけど、最近はハヤカワでも本格的なSF小説を書いて、「My Humanity」にいたっては日本SF大賞に選ばれたあとで、これまで縁のなかったラノベレーベルで新作を発表するっていったいどういう経緯でそうなったんだろうなぁ…。

日本のSF作家ってラノベ出身の人が意外と多い印象はあるのだけど、一度本格的なSFを書き始めた作家さんが再びラノベレーベルから本をだすってこと自体がなんだか珍しい気もするんだけど、どうなんだろう。つい最近、ラノベは全然儲からないという話が一部で話題になっていたくらいなので、なおさらこういう逆転現象を意外に思ってしまうのかもしれない。

長谷先生の小説とは個人的に相性がとても良いし、「今回は長谷の小説で一番読みやすいんじゃないかと思います。」とのことだし、そもそもこのところSF成分の摂取がちょっと少なめだったので、この新作も手にとってみようと思っている。さて、どんな物語を目にすることになるだろうか。楽しみです。

あなたのための物語

あなたのための物語

My Humanity

My Humanity