Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

ふたりの証拠

だいぶ前に購入して放置したままだった「ふたりの証拠」をなんとなく手に取ってみた。あまりにも衝撃的だった「悪童日記」の続き(?)ですね。でも、「悪童日記」を読んでから結構間が経ってしまって、終わり方をはっきり覚えてなかったこともあって、「ふたりの証拠」を読み始めてもいまいちしっくりこない。気にせずにそのまま読み進めたら、なんだか最後までいろんな辻褄が合わないような…。と思ったら、最後のほうで種あかしらしき記述が。うぅむ。

話の内容は、「悪童日記」ほどの強烈さは無いですが、それでも相変わらずの毒がありますね。読み終わった後に、何をどう感じたのかが自分でもさっぱりわからないのも前作同様。こういう本を読んで、自分の意見なり感想なりをはっきり書ける人ってすごいよなぁと思います。

ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)

ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)