Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

ナナマルサンバツのアニメ

7月になって、アニメも新クールになった。けものフレンズが終わってからもう3ヶ月ですよ。早いもんです。

そこまで熱心なアニメファンでもないんだけど、それでも1クール毎に2~3作品くらいは鑑賞している。録画だけしているものを含めるとさらに倍くらいになるけど、最終回まで見届ける作品となるとだいたい2~3作品に落ち着くといったところだ。

さて、今クールと言うと。漫画原作から「ナナマルサンバツ」「ボールルームへようこそ」、ラノベ原作から「ようこそ実力至上主義の教室へ」「ゲーマーズ!」あたりに注目していて、そのうち「ナナマルサンバツ」だけ1話を観てみたんだけど、これがなんというか…ヒロイン役の声優がひどい。

普段アニメを観ていて、声優に違和感を持つことはちょくちょくあるんだけれど、それはすでに原作を知っていて、その原作に対して自分が持っていたイメージと声優にギャップがあるケースが多い。これはもう自分のせいだと割り切ることができるんだけど。今回のケースはそうではなくて、単に声優の演技が…棒読み気味なのがとにかく気になってしまう。

アニメに関しては観測範囲が広いとはいえないので、こういう声優の実力不足ってめずらしいことじゃないのかもしれないけどさ、ここ数年自分が観てきたアニメでこれはひどい…と思った記憶がなかったから、余計気になってしまった。

いや、これも自分のフィーリングにあっていないだけであって、世間的にそう思われていない可能性もあるよな、と思い直して、試しにTwitterで検索かけてみると。同じ意見がぼろぼろ出てくる。まぁ、そりゃそうだろうなぁ、どう聴いても棒読みに感じられちゃうもん。

アニメのクオリティ自体は問題ないと思うし、原作漫画の雰囲気もちゃんと出ているし、なにより高校生クイズのディープな世界ってのが垣間見ることができるお話なので、今後も期待したいところなんだが…、この先観ているうちにヒロインの声にも慣れていくんだろうか。

ちなみに原作漫画のほうを読んでいると、毎回よくこんなルールを思いつくなぁと思う。最新刊の「運命の13階段」という対決ルールも、8チームによる決勝戦をスリリングなものにしていて、なるほどなぁ…と唸ってしまった。こういう競技ルールって、実際のクイズ大会でも実際に適用されたものを使っているんだろうか。それとも漫画用に都度考えられているんだろうか。

連載初期では、単なる早押しにも駆け引きがあるってことを知って、それだけでも奥が深い…と思ったけれど、さすがに毎回単なる早押し対決だったら展開もだれてくるだろうし、それを避けるためにも対戦ルールで面白さを演出することも必要なんだろうな。

とは言え、ぼちぼちネタも切れそうな気もするし、そもそもそれなりに連載が長くなってきてクイズ対決というものへの新鮮味もなくなってきたから、あとは結末をどこにもっていくか、最終回への舵取りをどうとっていくのか…、うまいこと軟着陸させてほしいもんです。