Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

プリンセス・プリンシパルを観た

ニコ動にて、期間限定でプリンセス・プリンシパルの全話無料配信をやっている、とのことで、試しに1話を観てみたら面白かったのでそのまま最終話まで観た。

ch.nicovideo.jp

これがまたクオリティの高い、素晴らしいアニメだったわけですよ。自分でチェックしていた夏アニメではよう実が一番面白かった*1けれど、今作も同じくらいの面白さだったように思う。一気に観た分印象に残っているってのもあるんだろうけど。

で、何がどう面白かったか、すばらしかったかは、このブログで言いたいことをすべて代弁してくれていた。
wasasula.hatenablog.com

ニコ動での無料配信は10日までやっているようなので、少しでも興味を持ったなら、ぜひともまず1話を観てみてほしいなー、と思いながらこの文章を書いている。

しかし、アニメもどこに当たりがあるのか判断するのが難しいよなぁ…と、プリンセス・プリンシパルを完全にスルーしていたことで改めて考えている。1クール毎に50本以上のアニメが放送されるわけで、全てのアニメをチェックすることなんてとてもじゃないけど出来ないから、放送前の時点で何かしらのフィルタリングをかけることになるんだけど。自分の場合、期の変わり目でGigazineのアニメ一覧を眺めながら、面白そうなアニメや自分に向いてそうなアニメを選んでいるけど、この選別でふるい落とされる作品に当たりが眠っていることが実に多い。放送開始後、3話とか5話とか経過してから、実はスルーしていたあのアニメが面白いらしいってわかった時点で、今期も自分の目は節穴だったかー…とちょっと悲しい思いをすることになる。

原作付きアニメの場合、原作という判断材料があるからまだマシだ。原作のないオリジナルアニメとなると自分の勘と運に頼ってしまうので、ハズレを引く確率も当たりの逃す確率もぐっと上がってしまう。もっとアニメへの造詣が深ければ、制作スタッフだったり予告動画とかでそれなりに判断できるようになるのかもしれないけど、そこまで手を広げる余裕も熱意ないしなぁ。

アニメを観ていて評価するポイントは、

  • 話(脚本)の面白さ
  • 作画、動画のできの良さ
  • キャラデザの印象
  • 世界観とか雰囲気とか
  • 声優の配役、演技の良さ

といったあたりだろうか。このうち、オリジナルアニメって脚本がイマイチなケースが多い印象があったんだけど、今作やリトルウィッチアカデミアの成功例をみると、シリーズ通しての構成とか脚本がしっかり練られているケースが増えてきているってことなんだろうか。ただまぁ、アニメは自分の観測範囲がたいして広くないので、たまたま当たりのアニメを連続して観ただけなのかもしれないし。どのみち言えることは、脚本の当たりハズレは最初の1話だけで判断できるものではない、ということで、それがはっきりしてくるまで最低1ヶ月くらいはかかるというのが難しさにつながっているんだろう。

脚本以外の要素についても、個人の好みによってプラスにもマイナスにも働くものなので、他人の評判が自分の評価とつながるとは言えないのも難しいところ。結局、自分で続けて観てみて面白いと思うかどうかが全てなんだよな。

映画や小説、漫画といった他のエンタメは、自分の見極めポイントがそれなりに把握できてるのに、アニメはそこまで至っていないし、今後もなんか上手く見極められない気がしている。量をこなせばどうにかなる問題という気があまりしないのよね…。

…などと脈絡もなく書いてみたが、悩みは深まる一方である。困ったもんだ。

*1:原作ラノベの3巻までをうまい具合でアニメ化してくれたと思う。二期もあればいいなぁ…。