Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

メニー・メニー・シープ

最近になって読み始めた「天冥の標」シリーズの第1弾、「メニー・メニー・シープ」を読み終えた。いやー、もう本当に面白い。SF小説でここまですんなり読めたのも久々だし、続きが気になってたまらない!ってのも久々な気がする。

キャラ設定というか、種族設定が素晴らしいよね。そしてその種族間の交流の描き方も絶妙。カドム医師とイサリのコミュニケーションとか、この先どうするんだよ…って気持ちにさせられるしね。アンドロイド達の立ち位置も、最初え?って思ったけど、読み進めていくうちにいつのまにか納得しはじめてたりするし。

で、ちょっとあれな終わり方で第1部は終了。これだけおもしろければ続きにも手を出すことは決定なんだけど、amazonで続きの話のレビューを読んでみると、第2部はいきなり現代に戻って、冥王斑にまつわるパンデミック話になるらしい。さらにレビューを眺めていると、どうやらこのシリーズ、章ごとにテーマが異なるというか、作風までもががらりと変わるらしい。なのに、面白さは損なわれないし、物語も破綻していないらしい?

ちょっとにわかには信じられないわけだけど、作者もこの本のあとがきで、「結末はすでにみえている、そのころにはたいしたものになっている」と言い切っているので、こちらもそれを信じることにしましょう。