Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

リトルウィッチアカデミアを観終わった

shaw.hatenablog.com

というわけで、最終回を見届けた。これぞ王道といった終わり方。全編、どっきどきーのわっくわく!というキャッチフレーズ通りで、最後までとても楽しめた。大満足である。中でも、アッコとアーシュラ先生の師弟関係が本当に良かったな。事情に気づいていない教え子から、自身の正体に対してあそこまで憧れを抱かれたら、先生だってどうやって本当のことを伝えるかそりゃぁ困るわなぁ…。色々あった末に、アーシュラ先生に感謝をつたえるアッコをみて、目からしょっぱい汗が出てきて止まらなくなっちまったよ…。年をとると、こういうどストレートな感謝の念ってやつにもろくなってヤヴァい。

登場キャラがみんな活き活きしてて魅力的だったわけだけど、先日も書いたようにアーシュラ先生が好きだなぁ。困り眉だったり、髪の毛が青から赤く変わる演出だったり、日高のり子の声だったり。途中まで声優が日高のり子だということに気づかなかったのだけど、やっぱり存在感がありますな。気づいた時に、今もまだ現役だったのか!…なんて思ってしまったが、今回のアーシュラ先生の演技を聴いていると、他のアニメでもまだまだ聴いてみたくなった。ぜひとも頑張って欲しい。

他ではスーシィの印象が強いかな。ビジュアルと声とキャラクター性がこれ以上無いくらい噛み合っていた。スーシィの声優さん、これだけ個性が強いと他のアニメでもスーシィを連想しちゃいそうだし、なかなか大変そうな気もするけどなw 個人的に、だみ声とかかすれ声に弱いので、この個性を今後も活かせると良いのだけど。

あと、基本1話完結だけれど、その中でさりげなくはられていた伏線が最後で回収される脚本も良かった。アッコがいつまでたっても箒に乗れるようにならない理由とか、そうきたかぁ…と思うよね。笑いあり、涙あり、失敗あり、成長あり。アッコみたいなキャラは、実際に自分の近くにいると辟易しそうだけど、成長物語として見届ける分には、脚本もいろいろ変化をつけることができて楽しいんだろうなw

というわけで、基本は子供向けアニメなのかもしれないけれど、男女問わず年齢問わずで楽しめる内容だと思うので、少しでも興味を持ったならぜひともオススメしたい。Netflixだと劇場版含めて一通り観ることができるしね!

www.netflix.com

心残りは、中野ブロードウェイのzingaroで開催された「リトルウィッチアカデミア展」を見逃してしまった点か。
pixiv-zingaro.jp

開催していたのは知っていたのだけど、TVアニメを観ていなかったので足を運ぶには至らなかった。zingaroでのイベントは、漫画原画展やイラスト展で何度かお世話になっているのだけど、アニメの原画って観たこと無い気がするし、とてももったいないことをしてしまった…。