Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

中山大障害ほか

中山大障害

現地観戦してきた。いやー…、すごいレースだったよ…。

youtube.com

実況は、山本直也アナではなくて山本直アナ。いつも思うけど、この二人、名前が似過ぎで紛らわしい。今回は「踏み切ってジャンプゥ!」じゃないほうですね。レース前は山本直也アナじゃなくてちょっと残念に思っていたのだけど、終わってみれば名実況だった*1。四角前の「前王者か!現王者か!」には、ぞくっとしたよ。

レースは、前王者アップトゥデイトが早々に主導権を握って、東京ハイジャンプでタマモプラネットが見せたような後続を離した大逃げに*2。障害飛越だけみると、明らかにアップトゥデイトのほうが上手い。というか、オジュウチョウサンはたびたび飛越後にバランスをくずしていて、観ていてヒヤヒヤした。ただ、おそらく飛越後の再加速がとても速いんだろうね。低い重心からぐっと加速しているようにみえる。

アップトゥデイトは去年の中山大障害でも、四角までオジュウチョウサンと競り合う競馬をしていたけど、直線で突き放されてしまった。それなら、直線に入る前に差をつけるしかないという判断で、今回見せた逃げは渾身のレースだったと思う。東京ハイジャンプで、人気を背負った本命馬が大逃げする馬を捕まえにくそうにしていたのも思うところがあったに違いない。そしてあと一歩まで逃げ粘ったのは、本当に見事だった。でも、現王者はそれよりも強かった。

ちなみに馬券は応援馬券100円のみ。三連単でも当てないとプラスに出来ないっぽいレースに投資するのはリスクが大きすぎるw

www.instagram.com

阪神カップ

残念マイルCSとでもいうか、とても好メンバーがそろった一戦に。予想としては、勢いのある3歳勢から、上がり馬モズアスコットを本命視だったのだけど、イスラボニータの引退レースということで、ちょっと距離が短いのでは…と思いつつ、単勝1000円で勝負。これも応援馬券的な意味合いが大きかったのだけど。

www.youtube.com

まさかのレコード決着で、有終の美を飾ってくれました。そして単勝オッズ4.1倍!なんて嬉しいプレゼントだろうw イスラボニータって、気品と愛嬌を兼ね備えたルックスで、TwitterのTLなんかでイスラの写真が流れてくるたびに和ませてもらって、いつの間にかファンになっていた馬なんだけど、これで引退となるとちょっと寂しいなぁ…。


有馬記念

キタサンブラックが好スタートを決めて、その他の有力馬が後ろからのレースとなった時点で、結果が見えてしまった。案の定、キタサンブラックが自分にとって都合の良いペースを作り出して、直線では後続に影を踏ませず、完勝。個人的には、キタサンブラック単勝オッズをみて、さすがにこれは人気しすぎでしょ、なんて思っていたのだけど、ライバル馬に強力な先行馬がいなかった時点で、相当有利な立場だったってことなんだよな。

人気となっていたスワーヴリチャード、シュヴァルグランは、最後追い込むも前には届かず、伏兵クイーンズリングにも2着を持って行かれてしまった。レース前から、ハーツクライ産駒の中山適正のなさは指摘されてはいたけど、こういう結果を目にするとなるほどと思う。コーナリングが下手くそというのが遺伝で引き継がれるものなんだろうか?とは思うものの、大レースは府中でしか勝ってないという現実もあるしなぁ…。サンデーサイレンス系というよりは、トニービンの血が強く現れているってことなんかね。

個人的に注目していたのはシャケトラとレインボーラインの2頭。特にシャケトラは、キタサンブラックの番手という絶好のポジションをキープ。これでゴールドアクターのようなG1級の実力がついていたら、もうちょっと面白いレースになったと思うんだけど、現状では力不足で、直線あっけなく突き放されてジ・エンド。たぶん武豊は、自分をマークしているのが福永と知って、ラッキー!とか思ってたんではないだろうか。しかしシャケトラは、今年の日経賞を勝った時にG1でも面白そうだ、なんて思ったのだけど、そこで頭打ちになってしまって残念だった。ただ、秋の不調は、体重が絞れなかったのが原因だ、みたいな話もあるので、来年もうちょっと追いかけてみたい。できれば騎手は福永じゃなくて田辺がいいんだけどな…無理な相談なんだろうか。

その他

例年だと、有馬記念が終わると、これで今年のJRAの競馬は終わりだ!ってなるんだけど、今年はG1に昇格したホープフルSがまだ残っている。で、開催日が28日とか、平日にG1を開催するJRAは正気なのか?と思わずにはいられない。まぁ、これで馬券の売上が低迷するようであれば、JRAも今後の開催スケジュールを再考するかもしれないし、様子を見守りたいところ。仕事を抜け出して、渋谷のWINSまで足を伸ばしてみるかな…。

ちなみに、POG指名馬であるルーカスは、今朝の追いきりで落馬・放馬した影響でホープフルSを回避っぽい…。勝てるかどうかはわからなかったけど、確実に賞金は稼いでくれたと思われるので、かなり残念である。仕切り直しは共同通信杯あたりになるんだろうか。

*1:どうやら山本直アナはG1格のレースの初実況だったらしいですね。GJでした。

*2:この文章を書く前に、改めて東京ハイジャンプのレース動画観たら、このレースも実況が山本直アナだった。ゴール後の「王者の時計は止まっていませんでした!」フレーズがとても良い。