Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

ツール・ド・フランス雑感(2018年)

年々ロードレース観戦熱が冷めていく自覚があるなか、なんだかんだツールは連日ライブ中継を観てしまったのであった。2週目のアルプス越えが想像以上にハードで、結果有力スプリンターが軒並み脱落*1してしまったせいで、個人的な楽しみ*2が大きく減ってしまったのが残念だった。

とはいえ、初日に完璧なクイックステップトレインを堪能できたこと、ガビリアによるスプリント2勝とアラフィリップによる山岳コースでの2勝、個人総合で11位フィニッシュになったユンゲルスなどなど、贔屓チームメンバーの頑張りは、応援のしがいがあって楽しめた。春先から絶好調だったチームが、グランツールでも失速することなく勝利を量産できるって、ちょっと出来過ぎというか、よくもここまでチーム運営を回せたなぁという印象。ただ、また主力がごっそり抜けるようなことにならないといいんだけどな…という心配も。

個人総合は、今回も相変わらずスカイ勢のチーム力が他を圧倒していた。それでも、ジロで極限まで力を使ったと思われるフルームの調子がどうなのか…?という心配をよそに、セカンドエースだったGトーマスが絶好調で、3週目でちょっとくずれたフルームのかわりに総合優勝を果たすというサプライズ。Gは過去のグランツールで、序盤調子が良くても落車で姿を消すパターンを繰り返し観てきたので、最後まで崩れなかったのには驚いた。Gとフルームって、スカイ以前からのチームメイトで、かれこれ10年も同じチームで走ってるんだってね。グランツールでフルームの天下が続く中、よくぞここまでチャンスを待ち続けたなぁ…と感心しきりである。

その他、細かい雑感もないではないが、ブログで書き残したいってほどでもないので省略。

www.procyclingstats.com

っと、一点だけ補足。今回のツールで18回目の出場となったシャバネル、大会終了前からツール参加は今年が最後と表明していたけれど、最終日に年内での引退も発表しましたね。クイックステップのファンになった頃(2010年~)、チームの主力としてバリバリ活躍していた姿は今でもけっこう覚えている。2011年のフランドルで惜しくも勝利を逃したのがつくづく悔やまれるけどな…。チームを離れてからは活躍の場も減ってしまったけれど、レースで逃げに乗ってるとついつい応援したくなる選手でした。長い間お疲れ様でした。

*1:比喩でもなんでもなく、タイムオーバーでのリタイア

*2:クイックステップトレインによるスプリント勝利を応援すること