Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

はてなブックマークからの引退

先日、久々にはてブのお気に入りユーザーの棚卸し*1を行っていると、長いことお世話になっていたはてブユーザーの更新が途絶えていることに気がついた。どうやら、はてブの旧UIが完全に利用できなくなってから更新が止まっているようだった。そういえば、はてなから、はてブのリニューアルにて旧UIが利用できなくなる旨の報告があった際に、ぼちぼち潮時か…みたいなコメントを残していたような記憶もあり、有言実行だったようだ。

自分と自転車や競馬ネタでブックマークがかぶることが多くて、勝手に戦友のような意識を持っていたので、このはてブからの引退にはけっこうさびしい気持ちになった。まぁ、SNSなんて、顔は知らないけれどなんとなく身近に感じていた人がふとしたきっかけにいなくなる代物なわけだし、しゃーないことではあるんだけどさ。

自分にとっては、はてブ(のお気に入り機能)は今でも強力なキュレーションサービスだし、代替品として機能しそうなキュレーションサービスは今のところ見つかっていない。ずっと不満に思っていたはてブの新UIについても、なんだかんだ使っているうちに慣れてきた、気がする。もし、はてブが急にサービス停止になってしまうと、当分の間とても不便に感じられるとも思うし。

それでも、そのうちはてブというサービスに嫌気がさしたり、価値を見いだせなくなる日がくるんだろうか。そうなったら自分だってはてブから遠ざかっていくんだろうけど、それは自分の価値観が変わった時ではなく、普段お世話になっているお気に入りユーザーがはてブからどんどん去っていった時な気もする。

はてブって一度便利さに気がつくとなかなか離脱しないサービスだと思うし、自分がお気に入り登録してるユーザーも利用歴がそれなりに長い人が多いので、急に利用者が減るとは思えないけど、1年とか2年とかのスパンで振り返ってみると、いつの間にかユーザーの質が変わっていた…!なんてことは十分あり得るのかもしれない。そうはならないで欲しいけど、今回のUIの改悪みたいなことが続くと、今後どうなるかはわからないしなぁ。

ソーシャルブックマークというサービス形態は、すでに完成されている気もするわけだけど、完成されているがゆえの変化の無さというか停滞感というものが、ユーザーにどういう影響を及ぼすものなのか。はてながブックマークサービスの旧UIを完全に切り捨てたことに、どういう意味があったのか。古参のユーザーほど、この決定に良い印象を持っていない気もするし、たぶんはてなの中の人だってそれを承知の上での決定だったんだろう。それは、このはてブというサービスに変化をもたらしていきたい、という意思表明だったんだろうか。

使い慣れているサービスほど、大きな仕様変更に対して受け入れがたい気持ちが先行してしまうのは、自分の頭が固くなってしまっただけなのか、なんてことも考えてしまうしね。せっかく完成されているものに余計なことはしなくても良いのに…なんて思ってしまうのは、長い目で見ると停滞後の衰退を呼び込むだけなんだろうか…とかさ。そんなことをつらつらと思ってしまったのであった。

とりあえず、競馬関連のブックマークが薄くなってしまったので強化を図りたいのだけど、都合よく変わりの人が見つかったら苦労はしないんだよなー…。

*1:お気に入りに追加したもののいまいち自分に合わないユーザーや、長い間ブックマークをしていないユーザーの削除作業