Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

カルドセプトの思い出

最近のカルドセプトって対戦機能が充実してて楽しそうですよね。ただ、私はネットでの対人戦にはびびるクチで、過去にネット対戦をしたことがありません。

そもそも…、カルドセプトって新作が出るたびにwktkする割に、気合入れて遊んだのって初代のSS版だけだったりする。セカンドとDS版は購入したもののほとんど遊んでないんだよな。なぜ遊びこむ気にならなかったのか。ってことを考えると、意外と負けず嫌いというか、CPU戦でも負けを経験するとテンションが一気に落ちて、続けて遊ぶ気力がすぐになくなるという、自分の性格に起因してると思う。これって、カードゲームやボードゲームを遊ぶのに致命的だよねw なのに、新作が出ると楽しみすぎて購入しちゃう。それだけゲームとしての魅力があふれているってことだとは思う。

で、つい先日発売された3DS版。こちらも週末から少しずつ遊び始めてる。今、CPU相手に3戦して、今のところ負け知らず。今回のチュートリアルやガイド機能は本当によく出来てる。さっきTwitter経由でこのエントリーを読みながら、うんうんと頷くことしきり。しかも、ガイドされる内容を信じてそのまま実行して痛い目にあうこともけっこうあって、そこから自分の頭でカードの性能や戦術についてあれこれ考えるようになるという導線まで、意図してるのなら本当にスゴイと思う。今回はまだ対CPU戦で負けていないから、ゲームにくじける段階に達してないんだけど、一度敗戦を経てまだ遊ぶ気が落ちなければ本物だと思う。

さてここからちょっと思い出話。↑にも書いた通り、これまでシリーズでそれなりに遊んだのはSS版のみだったりするんだけど、SS版が発売された当時、すでに時代はPSが本流になっていて、カルドセプトを遊んだことある人どころかこのゲームのことを知ってる人が周りにほとんどいなかった。そんな状況で、一人で「すげー面白い!」とCPU相手にコツコツ遊び続けて、一応エンディングまではたどりついたんですね。ライトニングのおかげで窮地を何度もくぐり抜けた記憶しか残ってないけど。で、一通りストーリーモードを遊ぶと、そこからは誰かと対戦してみたい、という欲が出てくるわけです。でも、周りでこのゲームを遊んだことある人が全然いない。そこからは布教活動ですよ。でも…。そもそもSSを持ってる人自体ほとんどいない現実と、そこからカルドセプトというゲームの面白さを説明する難しさと相まって、結局布教に成功したのはたった一人。その友人も、遊びこむというほどまでには達しなくて、一度対戦してみた時も結構な大差がついちゃって、その段階で自分の中のカルドセプトブームが終焉しちゃいました。

そんなこともあって、これだけ手軽にネット対戦ができるようになった現在を思うに、時代は便利になったもんですよね。あわよくば、暇な時間が沢山あった大学時代に今のようなネット対戦が出来れば嬉しかったんだけども。いや、その頃にネット対戦に出会ってたら、下手すると廃人になってた可能性もあるから、これはこれで良かったのかもしれんけどw

3DS版を遊んでて、今はネットで対人戦するにはカードのノウハウも不足してるんで、挑戦してみる勇気はないけども、ストーリーモードを最後まで遊べるくらいになったら、今回はネット対戦に挑んでみたいな。

カルドセプト

カルドセプト