Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

菊花賞

昨シーズンのPOGでお世話になったジェネラーレウーノ、秋緒戦のセントライト記念の勝ちっぷりから、菊花賞でもそこそこやれるんでないかな?と期待していたんだが…。キタサンブラックと不思議なほど一致してた戦績もその期待に一役買っていたのかもしれない。で、逃げ宣言どおり主導権を握ったまでは良かったけれど、ペースを落として末脚勝負になって完敗。今までのレースをみても、スローペースじゃなくて、イーブンペースでラップを刻んでこその馬だと思っていただけに、ちょっとあのスローペースは不可解だった。

同じことを思っていた人は多かったようで、中には馬主が同じエタリオウのためのラピットだったんじゃね?という意見もちらほら。気持ちはわかる。まぁ、調教師曰く「流れも考えていたより遅くなりました。」とのことなので、深読みしすぎなんだろうけどw

田辺は結構好きなジョッキーの一人なのだけど、現状では中山以外じゃ信用できねーなぁ…とも。ジェネラーレウーノが中山専用機なのか、ジョッキーが中山マイスターで結果を残しているのか、現状いまいちわからんのだけど、もし有馬記念に出走できるようであれば複勝馬券はちょっと買ってみたいなーとは思った。ただ、古馬相手に先行できるの?と言われると、今はそこまで実力があるようにも思えないんだけどさ…。でも、そう思わせておいて中山適性の高い馬が穴を開けてきたレースでもあるんだし、ちょっと夢をみてみたいじゃないですか。

あ、勝ったフィエールマンは強かったです、はい。今年の1月に、北海道にUターンするという後輩の送別会的な飲み会でPOGの話になって、その後輩がフィエールマンを指名してたので、週末デビューするのにすごいやつがいるらしいじゃないか、なんて話をした記憶が残っているんだけど、まさかこの臨戦過程で菊を勝ってしまうとは思わなんだ。なんというか、体質が弱い馬がこのレースを勝ってもそのあと大成しない印象があるんだけど、この馬はどうなるだろうか。

あと、いつのまにかそのフィエールマンの後ろをくっついてきて3着を確保したユーキャンスマイル。これぞ京都の長距離戦を任せたら現役ジョッキー随一といえる、武豊の面目躍如といったところか。ジェネラーレウーノに武豊が乗っていたらどんなレースになっていたかなぁ。