Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

阪神JF

一口出資しているサンブルエミューズが出走、しかも最終的に2番人気(単勝5.9倍だけど)に支持されたこともあって、それはもう応援に力が入りました。一緒に出資してる仲間の一人は阪神まで応援に行ったくらいで。

戦前の不安材料と言えば、これまで主戦だった岩田騎手が香港遠征と重なり、G1で実績のない津村騎手に乗り替わりになった点。あとは、前走から2ヶ月間が空いたことにも、ローテの面でちょいと気がかりだったんだけど、こればかりは馬の体調の問題があるので仕方ないでしょう。

で、結果というと…。

うーむ、8着。道中、ポジション取りは完璧に見えたし、手応えも良さそうにみえたので、4角を回る辺りでは「これはいける!」と部屋の中で一人叫んでしまいましたが、直線で伸びませんでしたね。悪い競馬には見えなかったけど…現状の力は掲示板に乗れない程度ということですかね。さすがにG1は甘くないです。

以下、キャロットクラブの公式のコメント

12/9  栗東TC
9日の阪神競馬では好スタートから流れに乗り前々で競馬。4コーナーで外へ持ち出し追われるも他馬の脚が上回り8着。「今日はゲートも問題なく出てくれましたし、思い通りの位置取りで競馬をする事が出来ました。道中は初めて馬群の中で競馬をしたこともあってハミを噛んだり、フワッとしたり気を使っている感じはしましたが、うまく持ち出すことが出来ました。最後は止まってしまいましたが、正攻法な競馬をしてもマイル戦は十分にこなせますね。ウッドチップで乗った時よりも芝の方がいい走りをしてくれましたし、来年も本当に楽しみな馬だと思います。今回はチャンスをいただきありがとうございました」(津村騎手)「早めに栗東へ持ってきて調整をした甲斐もあって、いい状態で送り出すことが出来ました。パドックで落ち着いていたのもよかったですね。津村にもあれこれ言ってしまうといろいろ考えてしまうだろうから、あまり言わずにいました。具合が良すぎて馬がその気になっていて、スタートも真っ先に飛び出して行ったし、馬群でも力んでいるシーンがあったからね。あの辺りが影響して最後は今ひとつ伸びきれなかったけど、乗り方としては悪くなかったと思います。これまで極端な競馬ばかりで、初めて普通の競馬をしたけどこれもいい経験になったでしょう。来春に向けてまた頑張りたいと思います」(加藤征師)最後は止まってしまいましたが、競馬の内容としては決して悪いものではありません。来春は桜花賞が目標となりますが、しっかりと調整していきたいと思います。

次はどのレースを使うのかなー。中山や府中のレースだったらまた応援に行くんだけど。