Shaw's Home Page(本館)

はてなダイアリーから引っ越しました。

岡田和人漫画の映画化

映画のニュースをチェックしていると、たまに岡田和人の漫画が実写化されたというニュースを目にすることがある。つい2日前にもこんなニュースが。

eiga.com

岡田和人の漫画ってエロコメディばかりなので、一部に需要はあるんだろうけど、それにしても実写化多くね?と気になったので確認してみたところ。びっくり。

eiga.com

すんドめ、いびつ、いっツー、教科書にないッ!、そして今回の天使じゃないッ!と、5作品も映画化されてるじゃないのw しかもすんドめにいたっては2回も映画化されている。

俺も岡田和人の漫画は何度か読んでいて*1、フェチ心をくすぐるネタが多いのは理解しているし、固定ファンもいそうだとは思うんだけど、ここまで映画化されるのはいまいち理解できない。漫画だけじゃなくて映画にも固定ファンが多いってことなんだろうか。それとも業界内にファンが多くて、パトロン的な人でもついているんだろうか。謎だ…。

ちなみに自分は、漫画は読んでいても映画の方はまだ観たことがない。漫画だから良さがあるんであって、実写になって活きるようなネタじゃないと思うんだがなぁ。それとも原作とは別物と思って観てみると面白いんだろうか。

岡田和人漫画については、かなり癖が強いので万人におすすめできるわけじゃないけど、好きな人は好きだと思われる。作風は基本エロコメディだけど、たまに人間の暗い一面を描くこともあって、読み応えもあったりする。

個人的には、おそらく氏の代表作と思われる「教科書にないッ!」が一番気に入っているかな?エロコメディであることには変わりがないんだけど、時々泣かせにくるというか、ぐっとさせられる話が混ざっていたりして侮れない。この漫画のことを好きだと言うと、ブルセラ好きおっさんというレッテルが貼られそうなのであまり表にだしたことはないのだが…、面白い漫画はやっぱり面白いんですよ!

あと、絵が一番好みだったのもこの頃なんだよなー…、連載が続くにつれてどんどん絵柄が変わっていって、完結する頃には最近の絵柄に落ち着いたけど、自分は初期(3巻~6巻あたり)の頃の絵が一番好きだった。まぁ、好みの問題なんだろうけどさ。

*1:まさにすでに映画化済みの4作品を読んでいるという…。